安全衛生への取り組み

従業員の安全衛生は、企業経営の基盤をなすものであり、
安全と衛生の確保は企業の社会的責任です。

 働く人すべての安全と健康を確保することは、私たちの大切な使命です。
三和興業は、安全且つ快適な職場環境形成を促進する為、管理システムを適切に運用し、日々継続的に改善を目指しています。

安全衛生方針

基本姿勢

株式会社 三和興業は労働安全衛生マネジメントシステムを導入し、人間尊重の理念に基き、全社の事業活動において、労働安全衛生活動を積極的に推進し、従業員の労働災害防止、健康の増進、安心して働ける職場環境の確立を目指します。

行動指針

  • 事業展開に当たり、労働者の協力の下に自主的な安全衛生活動を継続的に行い、危険又は有害要因等を考慮しながら労働安全マネジメントシステムを確立します。
  • 労働安全衛生関係法規、社内の労働安全衛生規程を遵守しながら、安全衛生目標の設定、安全衛生計画を作成して、安全衛生活動を実施します。
  • 労働安全衛生マネジメントシステムを適切、且つ継続的に実施し、又運用するため必要な事項を関係者に周知させます。
  • 労働安全衛生マネジメントシステムを適切、且つ継続的に実施し、又運用するため必要な事項について、従業員、協力会社社員その他の関係者に周知させる手順を定めます。
  • システム管理者を指定し、管理者の役割、責任及び権限を定めて労働者、協力業者その他の関係者に周知する。又管理者は労働者、協力会社社員に対しに労働安全衛生マネジメントシステムに関する教育を行う共に、安全衛生委員会等を開催します。
  • 労働安全衛生の実施及び運用の状況、必要な事項の記録等を管理するため、文書の手順を定め、当該文書を管理します。
  • 定期的なシステム監査の計画を作成し、実施する手順を定め、システム監査を踏まえ安全衛生方針の見直し、必要があると認めたときは、労働安全衛生マネジメントシステムの実施及び運用について改善を行います。

平成28年度 安全衛生目標

  • 「的確な作業計画」
     ・危険エリアの特定 ・安全設備の措置 ・現場内での周知
  • 「不安全行動の撲滅」
     ・現場内のパトロール ・ひと声掛けの励行 ・速やかな是正

安全衛生マネジメント組織体制

労働安全委員会組織図

CSR

ページ先頭へ